【体験記事】ネットワークビジネス(MLM)(の疑いが高い)ホームパーティーに参加してみた話1

Pocket

ネットワークビジネス(MLM)(の疑いが高い)ホームパーティーに参加してみた話です。

ネットワークビジネスと言えば、洗脳に近い販売だったり、末端の参加者を破産に追い込むなど社会的に問題視されていますが、ネットで調べた内容に近い進行で面白かったです。

私にとっては非日常の「エンタメ」として楽しめましたが、メンタルが弱ってる状態の人にとっては、騙されないように注意が必要なのかもしれません。

しばらく音沙汰がなかった友達からお誘いがくる(あるある)

きっかけはコロナ前によく飲みに行っていた、近くに住む友達からの突然連絡で、内容は

「彼女ほしいですか?人と会うから来ませんか?」

といった感じで、都内某所で催されるランチ会に参加してほしいとのこと。合コンの「人数合わせ」ですね。

私はコロナで人と会う機会も少なく、趣味の仲間を探していたので、二つ返事で参加しました。結果、男女2対2の出会いの場で美味しい食事にアルコールも入り、その場は盛り上がりました。

パーティー

その後、LINEを交換し「緊急事態宣言が明けたらまた食事でも行きましょう」と、仕事が忙しいことを理由に連絡を取らなかったのですが、

約一ヶ月後、LINEを交換した女性から連絡がありました。内容は

「夜景が綺麗に見える場所を借りて、少人数で会いましょう」

夜景

でした。ヒョエー

私は軽いノリで参加意思を伝えたのですが、しばらく音沙汰がなく、直前に会場を伝えられたところ、場所は都内某所の高級タワーマンション。

といった具合に、いわゆる「ホームパーティー」に誘われたのですが、会場がマンションの場合、よくあるパターンとしては、マンションの住人が共用スペースを貸し切って行われる場合が多く、今回は共用スペースではなくマンションの一室でして、どうも変に思いました。

これはネットワークビジネスの誘いなのか?参加する前に下調べ

一度不審に思い始めると、ますます怪しく思い、私はネットで調べたり友達に相談しました。

会場のマンションの住所を調べたところ、賃料が20万ぐらいで、購入すると4,000万円ぐらい、一般庶民でも購入はまぁありえるかなと思いました。投資目的のマンションなのかもしれません。

マンション

ネットワークビジネス系のパーティーでは、師匠みたいな人がやってきて、海外旅行のDVDを見せるなどして、高級感、ステータスを自慢するそうです。

そして、会話の中で人生の不安や不満について聞かれて精神を揺さぶり、ネットワークビジネスの世界に引き込んでくるとのこと。

怖いですね。

MLM

別の友達に相談したところ、

「何度かその手のパーティーに参加した経験がある」「ネットワークビジネスだろうと契約しなければいいだけ」「出会いは大事」とよくわからない理由(?)で背中を押され、結局私は、興味半分怪しさ半分で、そのパーティーに参加してみることにしました。

タワマンの入り方を知らないなんて

当日。若干足取りは重いながらも、タワマンのある会場に到着してしまいました。

エントランス

一階のロビーに着いた後、入り方が分からないのでLINEで主催者に連絡、するとインターホンで呼び出して入ってくるよう連絡がありました。

その後、インターホンに出た人は主催者ではなく男性でした。

そしてエントランスよりエレベーターで上がり、エレベーターホールを抜け、入り口のインターホンを鳴らそうとしたところ、

ドアの向こう側で盛り上がってるような笑い声が聞こえてきました。

DTM野郎的に、都内有数の高級タワマンでも防音は完璧じゃないのか、と夢が砕かれたようで少しがっかりしました(笑)。

トップへ戻る