【実機レビュー:音あり】RME Babyface Pro FSとIK Multimedia iRig Pro I/O音質比較

Pocket

RME Babyface Pro FSとIK Multimedia iRig Pro I/O

RME Babyface Pro FSとIK Multimedia iRig Pro I/Oの比較レビューです。以前個人輸入で手に入れたRME Babyface Pro FSを使って、様々な楽器やシチュエーションでレコーディングしてみました。

RME Babyface Pro FSとIK Multimedia iRig Pro I/Oの価格差は約8万円程度ですが、どれだけ音質に差が出るのでしょうか。比較してみたいと思います。

RME Babyface Pro FSの機能・特長

RME Babyface Pro FS

RME Babyface Pro FSは12イン/12アウト、24bit/192kHz対応のオーディオインターフェイスです。

babyfaceは2011年に初代モデルが発売され何度かモデルチェンジがあり、10年の歴史があります。

旧モデルはBabyface Proですが、今回「FS」という名前が追加されています。FSとは「フェムトセカンド」の略で、1000兆分の1秒という意味だそうです。

Babyface Pro FSでは、「ジッター」と呼ばれる、周波数の揺らぎで発生する音質の劣化を、1000兆分の1秒の精度で抑えた技術が備わっているそうです。

他にもヘッドホンアンプが最大10dB改善したり、AD/DAコンバーターのSN比が向上したりということだそうですが、乱暴な表現でお伝えすると「過去製品よりも音質が向上した」と言うことになります。

RME Babyface Pro FSのシンプルな入出力

RME Babyface Pro FS & MacBook

RME Babyface Pro FSの入出力機能は高音質ながらシンプルです。アナログでマイク入力が2つ、ライン入力がサイドに2つあります。デジタルではADATオプティカル入力で24bit/96kHzが4チャンネル、24bit/192kHzが2チャンネルあります。

RME Babyface Pro FS leftside

ライン入力はハイインピーダンス(=高い抵抗にも耐えられる)にも対応しているので、ギターやベースを直接挿して録音することができます。

RME Babyface Pro FS rightside

出力はアナログのXLR端子が2つ、ヘッドホン出力が2つあります。デジタルも入力数と同じ数だけあります。個人の音楽制作環境では必要十分だと言えます。

RME Babyface Pro FS front

SN比はマイク入力が113.7dB、ライン入力が116.3dBと、高音質が期待できます。

RME Babyface Pro FS package

Babyface Pro FSからPCへの接続はUSBで、PCの電源で動きます。DCアダプター接続も可能ですが、PC電源で全てまかなえるので取り回しも楽です。

ドイツ製ということもあるせいか、USBケーブルはしっかり押し込まないと接続できません。最初、十分接続ができず故障かと勘違いしましたが、信頼度は高いです。

RME Babyface Pro FSのインターフェイス

Babyface Pro FSのマニュアルは約200ページほどありますが、半分がドイツ語なので実際は100ページもなくすぐ読めます。

Babyface Pro FS マニュアル

Babyface Pro FSのほとんどの操作は「TotalMix FX」と呼ばれるソフトで行うため、インターフェイスもシンプルです。

TotalMix FX

INは入力先の選択、OUTは出力先の選択ができます。

A・Bボタンはあらかじめセットした設定を読み込むことができます。

Babyface Pro FS詳細機能説明

真ん中の丸い円盤で選択したボリュームやパンを可変させます。

そして左下のSELECTボタンでパラメータを選択します。

DIMボタンは聞き慣れない名前ですが、あらかじめ「TotalMix FX」で設定したボリューム値を一発で読み込むことができます。楽器やマイクを何度も差し替える時に便利だと思います。

SELECTボタンとINボタンを押し続けるとLEDの明かりの強さを調節でき、25% 50% 100%で調節できます。細かい機能ですが、他のオーディオインターフェイスにはない設計者のこだわり、気配りを感じます。

とここまで説明してきましたが、Babyface Pro FSのインターフェイスは、シンプルながら機能豊富ですが、通常の録音は「TotalMix FX」でほとんど賄えてしまうので、使うことはIN、OUTを選ぶ程度で、アクティブに操作することはあまりないと思います。

RME Babyface Pro FSとiRig Pro I/O音質比較

Babyface Pro FSとiRig Pro I/Oで各種パートを録音してみました。各音源は最後のMixを除きノーマライズ以外の加工はしていません。ヘッドホンで聴くと音の違いを感じられると思います。

ベースとエレキギターはダイナミックマイクAUDIX i5で録音しています。

【実機レビュー:音あり】Shure SM58 定番マイクとAUDIX i5を比較

Bass

Babyface Pro FSでBass録音

Babyface Pro FSでBass録音

サーというノイズが入っています。

iRig Pro I/OでBass録音

音質の差はあまり感じないように思います。

iRig Pro I/O MacBook

エレキギター

Babyface Pro FSでエレキギター録音

Babyface Pro FSでエレキギター録音

音の分離を感じます。感度が鋭いのか、Babyface Pro FSの方は弦を弾く金属音も録れてしまっています。

iRig Pro I/Oでエレキギター録音

iRig Pro I/O ミキサー

iRig Pro I/Oの方が多少もったりした感じがあります。

アコースティックギター

アコースティックギターAT2020録音

アコースティックギターはコンデンサーマイクAT2020で録音しています。

【実機レビュー:音あり】audio-technica AT2020低価格コンデンサーマイクの高性能に驚く

Babyface Pro FSは「TotalMix FX」で48Vファンタム電源をオンにします。iRig Pro I/Oは本体のスイッチをONにします。

RME Babyface Pro FSとIK Multimedia iRig Pro I/O side

Babyface Pro FSでアコギ録音

iRig Pro I/Oでアコギ録音

コンデンサーマイクの精度の影響もあり、ツヤ感に差を感じます。Babyface Pro FSの方は集音レンジが広いせいか、外のセミの音まで録れてしまっています。

シンセ

Babyface Pro FS、iRig Pro I/OともMIDI端子があるので、MIDIケーブルをシンセ音源に接続し、PCであらかじめ打ち込んだMIDI信号を鳴らしながら録音します。

MIDIインターフェイス接続

Babyface Pro FSでシンセ録音

Babyface Pro FS MIDI接続

iRig Pro I/Oでシンセ録音

IK Multimedia iRig Pro I/O

Babyface Pro FSとiRig Pro I/Oの音質に大きな違いはないように思います。Babyface Pro FSの方が音が多少分離している印象はあります。

Mix

Babyface Pro FSで録音したパートにドラム音源をプラスし、ミックスしてみました。

楽器のジャンルがバラバラなので、曲としてのまとまりに欠けますが、Babyface Pro FSで録音した音質の高さは感じられると思います。

各パートの編集は今回新たに導入したiZotope RX 8 Elementsを使用し、ノイズカットからイコライジング、コンプレッションなどを行っています。

iZotope RX 8 Elementsは、キャンペーン価格で数千円と低価格ながら音源を読み込むだけでAIが自動でいい具合に調整してくれるので、費用対効果は高いです。

RME Babyface Pro FSの外観

RME Babyface Pro FS

Babyface Pro FSのサイズは、

  • 横幅が10.8cm
  • 縦幅が18.1cm
  • 高さが3.5cm
RME Babyface Pro FS 裏面

です。男性が片手で掴める程度のサイズで、机の上に置いても邪魔になることはないと思います。

重さは680gとそれなりにずっしりあり、XLRケーブルの重みで落下してしまうようなことはなさそうです。

また、Babyface Pro FSにはハードケースも付属するので、スタジオに持ち運ぶ時も安心です。

RME Babyface Pro FS ケース

RME Babyface Pro FS ケース

RME Babyface Pro FSの利用シーン

RME Babyface Pro FS MDR-CD900ST

Babyface Pro FSは高音質ながら取り回しが楽なので、自宅やスタジオで楽器を気軽に録音するのに便利だと思います。

実際録音してみて分かったのですが、特にアコギやボーカルなど、コンデンサーマイクを使って生音をできる限り高音質で録りたい人にとって、Babyface Pro FSは有効だと思います。

エレキギターやベースなど、アンプを通してダイナミックマイクで録音する場合や、シンセのように音源を直接録音する場合には、iRig Pro I/OやSteinberg UR22mkIIのような低価格オーディオインターフェイスでも十分高品質でレコーディングできると思います。

しかし、Babyface Pro FSは再生時の音の分離感も優れているので、ミックスをする時にはやりやすいかもしれません。

RME Babyface Pro FSまとめ

RME Babyface Pro FSとIK Multimedia iRig Pro I/O

Babyface Pro FSとiRig Pro I/Oをレコーディング比較してみましたが、Babyface Pro FSは人気があるだけのことはあり、低〜中価格帯のオーディオインターフェイスとは音質が一つ抜きん出ている部分があると思いました。

ただ、価格面で考えてみた場合、録る内容によってはBabyface Pro FSが価格の差ほど音質が優れているとは思いづらく、Babyface Pro FSが絶対、というわけでもなさそうです。

とはいえ、Babyface Pro FSは製品としても高級感があり、信頼感は高いので、手元に置いておくと頼もしいオーディオインターフェイスであることは間違いないと思います。

トップへ戻る