【実機レビュー:音あり】AKAI LPK25とKORG nanoKEY2比較

Pocket

AKAI LPK25とKORG nanoKEY2

AKAI LPK25とKORG nanoKEY2の比較実機レビューです。KORG nanoKEY2では気持ちが収まりませんでした

AKAI LPK25は小型軽量のMIDIキーボードとして「鍵盤」の安心感があります。AKAI LPK25とKORG nanoKEY2の用途も考えてみました。

AKAI LPK25の機能・特長

AKAI LPK25は軽量でシンプルな25鍵のMIDIキーボードです。

USBバスパワーで動作するので、電源も不要です。USBの形状はKORG nanoKEY2と同じくmini USB Type-Bです。世の中のUSB端子は全部Type-Cにならないかと個人的には思います。

AKAI LPK25

AKAI LPK25はUSBケーブル1本で接続できるので、MIDIケーブルは不要です。私の場合、取り回しのよくないMIDIケーブルは、古い楽器など必要箇所にだけ使って、残りは処分しました。

また、AKAI LPK25はドライバも不要で、PCに挿すだけで動くのでとても楽です。もちろんLightning USBカメラアダプタを使えば、iPhoneやiPadでも動作します。

AKAI LPK25のアルペジエイター

AKAI LPK25はKORG nanoKEY2と同じく、オクターブ切り替えやサスティン(ボタンを押し続けると音が伸びる)がありますが、AKAI LPK25にはアルペジエイターが備わっています。

アルペジエイターは、簡単に言うと、押しっぱなしにした鍵盤を再生していくような機能で、AKAI LPK25には、小型MIDIキーボードにしては結構強力なアルペジエイターが備わっています。

モードは

Up、Down、Inclusive、Exclusive、Order、Random

の六種類があり、左のONボタンとアサインされた鍵盤を押すと、プログラムが切り替わるようになっています。

アルペジエイターオクターブも0123と4種類選べます。

AKAI LPK25

TAP TEMPOボタンを押すと、ボタンを押したタイミングでアルペジエイターのテンポも切り替わるようになっています。

AKAI LPK25ではアルペジエイターやオクターブなど、KORG nanoKEY StudioのようにPC上で細かくプリセットを作りこむことも可能で、それらはプログラムボタンで呼び出すことができます。

個人的にアルペジエイター機能は、「ボボボボボ」「テテテテテ」とKORGのProphecyなどで遊んでいる時は楽しいのですが、いざ曲作りに取り入れるとなると合わせ方が難しく、いつも途中で挫折してしまいます。

DJやライブの飛び道具目的ですと、アルペジエイターは最適かと思います。

AKAI LPK25とKORG nanoKEY2の打鍵感比較

KORG nanoKEY2は過去に「ペチペチな感じ」、とレビューしましたが、AKAI LPK25は小型キーボードながら「ペチペチ」ではなく、それなりに押し心地があります。

AKAI LPK25は、ピアノなど本格的な鍵盤楽器には及びませんが、ベロシティ(音の強弱)もつけられるので、指のばねを活かした演奏もできると思います。

AKAI LPK25は「鍵盤の形」として成立しているので、安心感はあります。特に黒鍵が白鍵の横にあるので、鍵盤演奏に慣れている方にとっては、KORG nanoKEY2よりもシンプルに使いやすいかと思います。

AKAI LPK25とKORG nanoKEY2の用途

AKAI LPK25 KORG nanoKEY2

AKAI LPK25とKORG nanoKEY2をMIDI入力用途で使い分けるとしたら、AKAI LPK25はピアノやオルガンなど和音を弾く用途に向いていて、KORG nanoKEY2はドラムやベースなど単音リズムを弾く用途に向いているのではと思います。

もちろん、どちらもどんなMIDI入力でも十分対応できますが、あえて言うならそんな感じでしょうか。

AKAI LPK25の外観

AKAI LPK25の外観は黒いプラスチック製で、特に高級感も感じませんが、オレンジに光るボタンとAKAIのロゴがいい感じです。

AKAI LPK25のサイズは

  • 横幅が33.9cm
  • 縦幅が9.7cm
  • 高さが3.3cm

で、重量は400gとスマホよりも軽量です(おそらく公式の40gは誤りだと思われます)。ノートPCやiPadと一緒に持ち歩いても苦にならないと思います。

AKAI LPK25とKORG nanoKEY2のサイズを比較すると、AKAI LPK25は鍵盤がある分、厚みがあります。

AKAI LPK25

AKAI LPK25まとめ

AKAI LPK25

AKAI LPK25とKORG nanoKEY2を比較してみましたが、鍵盤に慣れているのでMIDI入力はどうしても鍵盤でないと困る、気分が乗らない、鍵盤楽器のニュアンスを入力したい、という方にはAKAI LPK25が便利だと思います。

逆に、鍵盤入力にあまりこだわりがなく、どちらかといえばリズム系の入力に力を入れたい方には、KORG nanoKEY2がおすすめできるかと思います。

AKAI LPK25は、最近ワイヤレス版のLPK25 Wirelessが登場しました。また入手できたらこちらもレビューしてみたいと思います。

トップへ戻る