【実機レビュー:音あり】ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR II ノイズリダクション チェック

Pocket

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR II

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR IIのレビューです。

人気のノイズリダクションエフェクター、ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR IIでどれだけノイズが減るのか、ノイズ処理なしのレスポールとマーシャルを使って試してみました。

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR II の特徴

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR II

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR IIは、エレキギターやベースが出すノイズをカットします。原音に影響を与えないのが特徴です。

エレキギター、ベースは「ノイズの塊」のようなもので、ノイズはシールド、配線、アンプ、エフェクターetc、と、様々な発生源があります。

特にストラトなどシングルコイルのギターはノイズが酷く、ノイズを抑えるために誘電塗料を内部に塗ったり、アルミ箔や銅箔をギター内部に敷き詰める改造が定番です。

SONIC SP-01 Water-Based Shielding Paintのような誘電塗料をギター内部に塗って、ノイズをブロックします。

しかし、誘電塗料を塗ると、エレキギター本来の尖った音が削がれてしまう、など気になる点はあります。

誘電塗料の有無によって音は変化します。

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR IIをうまく使えば、ギターを改造しなくてもある程度ノイズのストレスから開放されると思います。

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR IIの特徴2

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR IIのようなノイズリダクション機能を持つコンパクトエフェクターはいくつかありますが、ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR IIはの大きな特徴は、「DECIMATOR Xテクノロジー」と呼ばれる、スタッカートやサスティーンなど様々な音の状態でも、ノイズを減衰させる機能にあります。

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR II

他のエフェクターでは何デシベル以下は全てカットしてしまったりと、音をバッサリ切ってしまいますが、ISP TECHNOLOGIES DECIMATORの場合、ギターの信号を直接追跡するのでノイズだけを取りつつ、出したい音だけ残すことができるとされています。

演奏した音が不自然に無くなってしまうようなことがなく、ストレスの無い演奏が実現できそうです。

ほかにも

  • トゥルーバイパス
  • 90dBを超える効果的なノイズ低減
  • アダプティブリリースとダウンワードエクスパンジョン機能による優れたノイズ除去
  • アナログ回路によりデジタルエイリアシングの発生を防止

といった特徴があります。

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR IIの実力を試す

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR IIでどれぐらいノイズを減らせるのか、実験してみました。

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR II

環境は

  • 真空管のマーシャルアンプ40W
  • ダイナミックレンジ
  • マスターボリュームは6で、鳴らすと近所迷惑になるぐらいの音

ノイズ加工なしのレスポール、ボリュームは10

マイクは AUDIX i5、 オーディオインターフェイスはiRig Pro I/Oです。

-0db アンプの歪みが出す音だけ

-10db アンプの歪みが出す音だけ

-20db アンプの歪みが出す音だけ

-30db アンプの歪みが出す音だけ

-40db ノイズ発生

30-40dbあたりでノイズがおさまる

内部ノイズ処理をしてあるストラトでも試してみました。

アンプのマスターボリュームは6、ギターは10で、ギターを鳴らすと近所迷惑になるぐらいのボリュームです。

30-40db付近

30-40db付近でつまみを回すと滑らかに音が変わります。

どうやら30-40db付近で調整すると良さそうです。

カットしすぎるとギター本来のアタック感や音の旨味が消えてしまうので、曲やエフェクター、アンプの歪み具合に合わせて、30-40dbあたりで微調整するといいと思います。

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR IIの外観

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR II

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR IIの外観はメタリックなシルバーで、エフェクターボードの中で強いインパクトがあります。

サイズは、BOSSのエフェクターよりも少々大きく、縦12.5cm 横7cm 高さ5.5cmです。重量もコンパクトエフェクターとしては重く、約660gとiPad並みです。

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR II

また、一般的なエフェクター同様、9V電池で動作します。

最近はミニペダル版のDECI-MATE MICRO DECIMATOR PEDALも発売されています。

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR IIはリンクできる

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR IIは、ミニプラグで2台接続することができます。

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR II

2台接続することで、ギター側とエフェクター側の両方のノイズを挟んで処理することができます。

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR IIまとめ

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR II

ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR IIは、ギターが発するノイズを「いい具合」に減らしてくれるエフェクターとして優秀だと思います。

私の場合、ライブの時は大体ボードに組み込んでいます。

高級ギターなどギターを改造してまでノイズカットしたくない場合や、ハイゲインエフェクターを複数台繋ぐ場合、ノイズでバンドメンバーの視線が気になる場合など、ISP TECHNOLOGIES DECIMATOR IIの導入は選択肢としてアリだと思います。

トップへ戻る